2018/07/19

投資は、アートである!

お客様に『投資を学ぶ上でお薦めの本は?』と聞かれることがよくある。

私は、以下の3冊を読むことをお薦めしている。一応、読むべき順番に並べてみた。

1.『敗者のゲーム』チャールズ・エリス著 
2.『キャピタル驚異の資産運用会社』チャールズ・エリス著
3.『投資で一番大切な20の教え』ハワード・マークス著

この3冊をじっくり読めば、個人投資家に必要な基本的なことは全て学べるだろう。

ハワード・マークス著の『投資で一番大切な20の教え』の中で投資とアートについて、以下のように触れている。(本文から抜粋)

『投資は、経済学と同じく、科学よりもアートの要素が強い。つまり理路整然とはいかないのである。』

『投資は科学であるのと少なくとも同程度にアートでもある。だから決まった型にはめられると説くつもりはさらさらない。むしろ投資アプローチは固定化したり、機械的に当てはめたりするのではなく、直感的に決め、状況に応じて適応させていくことが肝要なのだと声を大にして言いたい。』

私もハワード・マークスの考え方に100%同意するが、流行りのロボアドバイザーなどに運用先を委ねることには大変違和感を覚えている。

さて投資は科学よりもむしろアートの要素が強いという考えには、私も納得するところだ。資産運用アドバイスを日々する中で、資産運用に向いている人とそうでない人がいることに気づいた。その中の一つであるが、美術や芸術、アートの世界に携わっている人は、資産運用をやってもとても上手い。

逆に以前にもどこかでお話ししたかもしれないが、意外にも弁護士さんは全く向いていない。もちろん当社のお客様の弁護士さんのように例外もいるのだが、これまで多くの弁護士さんにお会いした印象ではリスクを取りたがらない職業柄なのかリスク回避的な傾向があり、資産運用には全く不向きだと感じる。弁護士に必要な能力は、資産運用にはあまり役に立たないのかもしれない。

生前、公私にわたって親しくさせていただいた越川修身先生は、芸術家であり、経営者であったが、彼は資産運用も抜群に上手だった。不確実な未来において、環境変化に適応する能力が非常に高い人であった。おそらく芸術活動においても作品を制作する過程で不確実なことばかりで、数学や科学のような法則のない世界で生きていたため、資産運用に対しても最初から本質を理解していた。『敗者のゲーム』を読んで、資産運用の世界は、とても面白いと言っていた。

なかなか彼のような人は、いないのだが、多くの人が、不確実な未来に不安を持ち、リスクを回避して、長期的な利益を失っている。もしくは短期的な利益を追いかけて、とるべきでないリスクをとっている。個人の性格要素も大きく影響するのだが、いずれもいい投資家ではない。

いい投資家とは、いい芸術家のように、忍耐力があり、長期的な視点を持ち、環境の変化に対応することができる人である。当社のお客様に美大出身者が多いのは、偶然ではないと思う。

2018/07/17

意思決定スピ―ドと資産の相関

猛暑の中であるが、日々お客様と資産運用の打ち合わせを行っている。

彼是10年以上にわたって多くの人にお会いし、お話しする中で、投資で成功する人とそうでない人の違いがわかるようになってきた。

当社のお客様は、基本的に素晴らしい人たちばかりであるが、特に成功している人たちほど、仕事に集中して、自分の時間を大切にしていると感じる。そして自分自身の時間だけではなく、他の人の時間、例えば我々アドバイザーの時間も大切にしてくれるのである。

一方で冴えない人は、総じて意思決定が遅い。結論を先延ばししても何のメリットもないことに無駄に時間をかけて、忙しいという理由をつけて時間を浪費する。

こういうタイプの人は、仕事でも資産運用でも成功することはないだろう。本当に忙しい人は、意思決定も行動も早いため、やるべきことを先延ばしすることはなく、すぐにやるということを徹底している。もちろん単純にスピードが早いということではなく、意思決定の質も極めて高い。資産運用においても感情に任せた投機ではなく、リスクを理解したうえで必要なリスク(とるべきリスク)をとって、時間を最大限に使って長期的にリターンを生み出そうとしている。

いい投資家ほど時間の大切さを理解し、時間を味方につけるため、成功するのである。

私自身も、ファイナンシャルアドバイザーとして経営者として投資家として、日々様々な意思決定を行っているが、意思決定の時間も仕事も極めて早い。

そもそも結論を無駄に先伸ばしするようなことをやっていては成功などできるはずがない。日本のダメな組織にありがちなスピード感の欠如は、生存競争が激しくなった今、致命的であるが、組織だけではなく個人も同様に意思決定が大変重要になってきた。

変化に対応できない個人は確実に競争から取り残されて、格差は今後ますます拡大する可能性が高い。人生において個人も、しっかりと意思決定して、決定した方向で最大限努力して、結果を出していくことが大切である。

本当に興味深いことに当社のお客様を見ていると、運用金額が大きい人ほど意思決定が早く、運用金額が小さい人ほど優柔不断で意思決定に時間をかけて、結論を先延ばしする傾向があるのだ。事実、当社でも億単位で運用しているお客様もたくさんいらっしゃるが、あきらかに1000万円運用する人よりも意思決定スピードが早い。

成功している人は、人生において、必要な意思決定をスピード感をもって適切に行ってきたからこそ、結果として資産が大きくなったということも言えるだろう。

2018/06/12

三大失幣とは?

私は、ファイナンシャルプランナーとして2008年から大手広告代理店にてお金に関するセミナーを行ったり、皆様のさまざまなお金の相談に日々対面で対応してきた。毎週のようにお客様にお会いし、アドバイスをして、早いもので今年で11年目である。おそらく私ほど多くの人にお金に関するアドバイスをしてきた人は、いないのではないかと最近、思っている。

そんな経験から、なぜ同じ会社に勤務しながらお金が貯まる人と貯まらない人がいるのか?私なりに考えてきた。そして多くの皆さんをコンサルティングしてきたリアルな経験からさまざまなことを学んだ。資産形成において、もちろん収入が高いにこしたことはないのだが、収入が高くてもお金が貯まらない人が実に多いことを私はリアルに見てきた。

これは机上の話ではなく11年間に及ぶファイナンシャルアドバイスの経験に基づいた話であり、多くの皆さんにとっても参考になると感じている。

さて健康における三大疾病とは、がんと心筋梗塞と脳梗塞であることはご存知の通りである。私はパーソナルファイナンスにおいて、お金が貯まらない人の3つの特徴を発見し、『三大失幣』と命名した。貨幣を失う3つの要因を以下に一つずつ解説してみたい。なお画像のデザインは、当社のお客様が作成してくれたものである。

その1.お酒

もちろんお酒を飲む人が決して悪いわけではない。私も大好きであるが、お酒にはいいお酒と悪いお酒があるのだ。いい金利上昇と悪い金利上昇があることと同様である。お酒の飲みすぎは、長期的に健康を害するリスクがあるし、健康を害するとその人の人的資産価値を低減させる可能性が高い。もちろん二日酔いではいいパフォーマンスを発揮することは困難である。短期的にも飲み代自体が資産形成を妨げるし、深夜のタクシー代など余計なコストがかかってしまう。一部のそれなりに成功している経営者のように例外はあるものの一般的に会社員で資産形成が上手くいっている人は、お酒を飲まない人もしくはお酒との付き合い方がとても上手な人である。

その2.生命保険

ご存知のように長らく続くゼロ金利もしくはマイナス金利の現状において個人は利息の付かない預金を何とか安全に運用できないかと考えるのはごく自然なことである。将来不安もあり長期に大きな金額を預金に置いておくことは、インフレに負けて実質的な価値が下がるためなんとかしないといけないと考えるところまでは正しい。

ただし生命保険を資産形成のツールとして使うことは、コスト的な観点そして流動性の観点からもあまりいい選択肢とは言えない。そもそも生命保険は、万一の場合の死亡保障がついているため資産運用には不向きである。保険会社に勤務している人もあまり理解していないところが、実に残念であるが、多くの人が生命保険を使って資産運用を行っているつもりなのだ。生命保険と投資信託のことを深く理解している私がはっきり言うが、生命保険による資産運用は非効率である。本当にお金を殖やしたいのであれば個人投資家は、投資信託というツールを活用すべきである。

ただし国内に6000本の投資信託があるが、いいものは実に少ない。いい投資信託を長く保有することが大切であり、生命保険料の払い過ぎには注意が必要である。
生命保険で貯蓄の代わりに高額の保険料を払っている人は、ほぼ例外なくお金が貯まっていない。お金を貯めるには、いい投資信託を活用することである。

3.マンション投資

それなりに年収が高い会社員のところ(借金がしやすいから)に節税をうたい文句にワンルームマンションを販売する業者が群がっている。一見、減価償却によって税金が安くなるものの、私から見ればハイリスク、ローリターンもしくはノーリターンの無謀な投資にしか見えない。そもそも成熟した日本社会においてワンルームマンションに輝く未来があるとは思えないし、減価償却によって節税できることを魔法のように思っている人が多いが、なぜ減価償却できるかというとマンションが経年劣化するからであり、減価償却費はリアルなコストと考えるべきである。また不要な多額の借金を抱えることによって、将来の金利上昇リスクもある。当たり前であるが、新築であっても30年後には築30年のマンションである。人口が減少する日本で果たして本当に家賃が入ってくるのだろうか。キャピタルゲイン(値上がり益)もインカムゲイン(家賃収入)もあまり期待できない。個人的には、マンション投資は、不動産業者と銀行が喜んでいるだけのような気がしてならない。最近、私のもとにはマンションを手放したいという相談がひっきりなしに来ているというのが現状である。安易な節税目的のマンション投資には、十分気をつけてほしい。

最近お会いした40代前半の女性は、社会人になってからせっせと貯金し、自力で貯めた預金は、1億円を超えた。年収は1400万円(手取り960万円程度)で年間約800万円預金しているそうだ。ご主人の給料で住宅費や生活費などを支払っているものの、お子さんもいてこれだけ自力で貯めている会社員の方に私は、初めてお会いした。私も見習いたいものである。

彼女が『中浜さん、私は三大失幣のどれにも該当していません(笑)』とおっしゃっていたのが印象的であった。彼女がこれから、その預金をしっかり運用していけば本当に凄いことになるだろう。当社のお客様の多くは、一言でいうと成功者である。
資産運用で成功する人=しっかりと貯蓄ができる人 といっても過言ではない。

貯蓄ができない人の多くは、三大失幣のうち2つもしくは3つに該当しているケースが多い。3つに該当すると残念であるが、アドバイスは厳しい。

それからもう一つ。これからの時代は、専業主婦のご家庭は、資産形成には非常に不利かもしれない。よほどご主人の年収が高いのであれば別として、夫婦で稼げるほうが圧倒的に有利であることは間違いない。もちろんお金のためだけではなく女性が子育てしながら生き生きと働ける環境作りが大切である。

世界一の投資家ウォーレンバフェットも『お酒と借金に気をつけろ』と言っている。マンション投資は、いい借金とは言えないので、バフェットは三大失幣のうち二つに気をつけろといっている。バフェット自身は、保険会社を経営(投資)をしているが、生命保険で資産運用をすることは決してないだろう。


2018/05/07

私の健康法

先月、近所の開業医の友人とゴルフをした際に聞いた話。彼は、毎週3回程度、友人やドクター仲間と夜、会食するらしい。お酒も大好きでよく食べる人であるが、体形はいたってスリムである。なんでそんな食生活をしているのに引き締まっているのか?理由を聞くと、毎朝6時に起きて5キロ程度のジョギングをしているとのこと。基本的に大雨の日は休むらしいが、二日酔いでも必ず走ると決めて数年間取り組んでいるらしい。私は、忙しい中、毎朝走る友人にとても感心した。

そして翌朝から、私も毎朝走ることに決めた。朝5時半に起きて6時から毎朝7キロ走ることにした。娘に3日坊主に終わるといわれたが、4月16日月曜日から基本的に今朝まで一日も休むことなく走り続けている。ゴールデンウィークに長崎に旅行した際も朝起きて長崎の街を走った。この数週間たまたま飲み会も多かったのであるが、二日酔いの日も走った結果、何とか体重を維持することができている。


これまで禁酒したり、食事の量を減らしたり、ジムに通ったりしたがなかなか継続できなかったのだが、友人のドクター方式のようにお酒は好きなだけ飲み、食事も好きなだけ食べる。そのかわりに毎朝走るということをルーティン化するという方法が、元々体育会系の私にはあっているように感じる。

不健康+健康=ゼロ これがなかなか心地いい。 

5時半に起きて毎朝走って、風呂に入り、お風呂から出て新聞を読んで、録画している経済番組を早送りで見て、朝食を食べて、会社に行くというのが最近のルーティンである。
自宅にいる間は、ダンベルなど健康器具を使い、ちょくちょく体を動かすことにしている。いつまで続くか分からないが、体調がいいのでできる限り継続していきたい。

2018/04/27

教育資金

私たちファイナンシャルアドバイザーの仕事は、お客さまのライフプランを理解したうえで適切な資産運用プランをご提案し、実行していただくことである。単にお金を増やせばいいわけではなく、必要な時に必要なお金があるということが重要である。お金は目的ではなく手段である。将来不安からお金が目的になっている人も多いが、ナンセンスである。当社のお客様には、お金に振り回されない豊かな人生を送っていただきたい。

さて人生において、子どもの教育費は、住宅費に次いで大きな支出となる可能性が高い。私自身も近年、二人の子どもの教育費がかかっている真っ最中である。

現在、娘は私立大学の4年生、息子は、高校3年生(カナダ留学中)である。娘の大学の教育費は全額払い終えたので、あとは息子の大学の教育費だけである。

先日、息子の日本の担任の先生から自宅に連絡があり、留学中の息子の帰国後の進路について質問があった。7月に帰国後、日本で受験をするのか?どうか聞くために久しぶりに息子に連絡した。

帰国後の進路について今の気持ちを以下から選択してほしいと息子に伝えた。

①日本の大学を受験する
②カナダの大学に留学する
③アメリカの大学に留学する
④ヨーロッパの大学に留学する

息子は、何の迷いもなく『可能であればアメリカの東海岸で経済について学びたい。』と言った。カナダで英語にどっぷり浸かっているため、最近はCNNニュースを見て殆ど内容が分かるまでになったようだ。(完全に負けたかも。)

もしかして日本の大学に行きたいという可能性もあると思っていたが、息子がカナダで精神的に自立し、もっと世界を旅したいと言ったこと、将来のことを真剣かつ具体的に考えていたことを親としては嬉しく思った。

それはそうと7月に帰国して、来年の秋から留学するための準備が必要である。といっても基本的には息子が自分で全部準備するのだが、私に出来ることはお金を準備することだけである。

アメリカの私立大学の授業料は、近年高騰しており、授業料と滞在費などで年間600万円~800万円かかるそうだ。アメリカの景気が良いためドル高基調であることも影響している。当社のビジネス的には円安は、外貨建て資産の値上がりでお客さまの資産が増えて決して悪くないのだが、子どもを留学させる親にとって円安ドル高は結構つらい。

現実的には4年間で3000万円程度の準備が必要である。州立大学は、年間300万円~400万円で通える大学もあるようだが、いろいろ調べていくと州立大学よりも私立大学のほうが選択肢が多く、現時点では東海岸の私立大学を念頭に検討している。

もちろん西海岸にもいい大学はたくさんあるし、日本人にとっては環境や気候面からも住みやすいということも聞いているが、将来、経済とか金融の道に進むのであれば東海岸のほうがいいかもしれない。息子もそういう風に感じて、東海岸を希望している。

いずれにしても私は、息子の未来に3000万円投資することに決めた。彼の挑戦をバックアップするために、私は、これから4年間、これまでより少し質素な生活を送るかもしれない。

アメリカ東海岸の大学と並行して、私自身のために安くて美味しい居酒屋も開拓しなければならない。

2018/04/20

お客さまを選ぶ

一昨日の夜、キャピタルグループのご協力のもと、当社のお客様20名限定で特別セミナーを開催した。

キャピタルグループは、知る人ぞ知る世界屈指の運用会社であり、参加者の皆様も普段なかなか聞けない話(通常、機関投資家しか聞けない話)を聞く機会となり大変有意義な時間であったように思う。

昨日、複数のお客様からセミナーに参加してとても良かったという感想をメールや電話でいただいた。また3名の方から運用金額を増額したいとおっしゃっていただいた。実に素晴らしい実行力だと感心した。勉強して、学んだことを長期に実践する人が成功するということだろう。

さて当社も13期目に入り、お客様の数も預かり資産も加速度的に増えてきた。新規のお客様の殆どが既存のお客様からのご紹介で、年々ご紹介いただく頻度が高まっている。こちらからお願いしているわけではなく、自然な形でご紹介が増えていることは実にありがたいことである。

また10年前から大手企業で資産運用セミナーをさせていただいているが、セミナーからお客様になるケースも多い。将来の年金不安や長生きリスクに対応するため、資産運用は、すべての人に重要なものになってきた。

当社サービスは原則、3000万円以上の金融資産を保有する個人と1億円以上の法人を対象としているが、当社のお客様からのご紹介やセミナー参加者については上記条件に該当しない場合も対応させていただいている。

ただご紹介やセミナー等で実際にお会いする場合、当社のお客様になってほしいと感じる方は3人に1人くらいで、むしろこちらからお断りさせていただくケースのほうが多いかもしれない。サービスの提供をお断りする理由は、さまざまであるが、年齢や性別を問わず、自分勝手な人や約束を守らない人からは、できるだけ上手く逃げるようにしている。どんなにお金を持っていたとしても変な人をお客にするとあとあと面倒だし、その人の資産を大切に思えない場合は、お客にしないほうがお互いのためである。

昔は嫌な人に会うと結構、腹が立ったりもしていたが、最近はいちいちおこっても仕方ないし、そんなにいいお客様ばかりではないことも分かってきたため、最近はなんとも思わなくなった。

だからこそ、いいお客様にお会いできた時は本当にうれしくなる。将来性がある人や人間的に尊敬できる人に対してはこちらの利益を度外視して、アドバイスをすることもある。

長期投資の運用期間は、『生きている限り』である。お客さまが投資をやめない限り、また私が引退しない限り、お客さまとは長いお付き合いになる。特に私は会社員ではないので転職も定年もないため、お客様の資産を一生守る責任があるのだ。

私たちアドバイザーとお客様はあくまでも対等な立場であり、資産運用を成功に導くためには信頼関係が不可欠である。よって理想的には性別や年齢、職業などを問わず私自身が尊敬できる人をサポートしたい。

そもそもお客様の大切なお金を預かることは大変な仕事である。しかし大切な人のためであれば大変な仕事でも頑張れるというものである。

個人、法人問わずお客様を選ぶこと、これは私にとって大変重要な仕事である。

2018/04/02

お客さまの結婚式

昨日、2018年4月1日のことである。2014年春以来、とても仲良くさせていただいている30代のお客さまHさんとMさんの結婚式、披露宴にお招きいただき、参列させていただいた。

新郎Hさんも新婦Mさんも本当に素敵な方で、人間的にも尊敬できる大好きなお客さまである。お会いして以来、資産運用を全力でサポートしたいと心から思えるお客さまであった。

数年前にそんなお二人がフリーであることを知り、私がお誘いし3人で食事をしたことがきっかけの一つになり、その後、おつき合いが始まったようである。もちろん、私自身まさかこういう展開になるとは思っていなかったし、ただ仲の良いお客さまを誘って食事しただけであるが、今考えてみればこのお二人の相性は抜群で結婚は運命だったように思う。

それは質の高い異なる資産を組み合わせると、いい化学反応を起こし、より強固なポートフォリオができるようなものである。

私自身人生初の経験であるが、披露宴のオープニングで新郎Hさんに『中浜さんは、二人のキューピッドであり、二人が資産を預けるアドバイザーです。』とご紹介いただき、僭越ながら乾杯のスピーチをさせていただいたのだ。

長い人生の中でもこのような貴重な経験は、きっと最初で最後だろう。

私の仕事柄、お二人のこれまでの歩み、現在の状況、将来への考え方などもお聞きしているため、本当に感動で胸が一杯になった一日であった。

お二人には感謝の気持ちで一杯である。

Hさん、Mさん、どうか末永くお幸せに!

投資は、アートである!

お客様に『投資を学ぶ上でお薦めの本は?』と聞かれることがよくある。 私は、以下の3冊を読むことをお薦めしている。一応、読むべき順番に並べてみた。 1.『敗者のゲーム』チャールズ・エリス著  2.『キャピタル驚異の資産運用会社』チャールズ・エリス著 3.『投資で一番大切...