2019/09/19

人生で一番楽しかった飲み会

国際社会では、あまりにも、いろいろなことが起こりすぎている。どう考えても混乱の時代であり先行きは不透明である。しかし、どんな時代であれ、どんな世界であれ、自分が信じる道をしっかりと歩んでいきたいものだ。

さて近年、日本では働き方改革が声高に叫ばれている。仕事だけではなく人生をもっと楽しむという意味ではいい方向と思うが、政府や会社に言われる前にそもそも働き方は自分自身で決めるべきものである。私自身は2007年に独立して以来、働き方は自分で考えて、その時の状況に合わせて柔軟に働いている。やるときはやるし、休む時はしっかり休むということである。

当社のお客さまは、基本的に忙しい人が多い。よって平日に合うのは難しい人も多くアポイントが一件もない日も結構あるのだ。そんな時は、平日でも旅に出たり、友人とゴルフしたりして仕事をしない日も結構ある。土日は基本的には休んでいてお客様にお会いすることはないが仕事のメールや電話はかかってくることもある。だから基本的には土日もオフという感覚はないのだ。海外旅行中であっても肉離れで歩けない時もメールや電話での対応は可能であるため、実に便利な世の中である。

平日も通常は夕方5時くらいには仕事を終えるため、仲の良いお客さんと夕方5時から飲みに行くこともある。よって実働時間はかなり短いほうである。多くの会社員の皆さんのようにオンとオフという概念はなく、中浜伸二としては常にオンであり、仕事も遊びもいつでも全力投球している。

そんな私も来年2020年オリンピックイヤーで50歳を迎える。まさか自分が50歳になるとは未だに信じられないのだが、こればかりは仕方がない。年を取ると時が過ぎるのは早いのだ。この半世紀を思い返すといいことも悪いこともあったが、概ねいいことのほうが多く、まさに人生とはマーケットととてもよく似ている気がする。これからもたくさんいいことがあることを期待してポジティブかつアクティブに生きていくつもりである。ファイナンシャルアドバイザーとして長期投資をしっかりとサポートしてお客さまの人生が豊かになるように貢献していきたいものだ。

さて22歳の娘が今年4月から、証券会社に就職し、今まさに社会の荒波に揉まれている。朝4時過ぎに起きて日経新聞を読み、注目記事をノートに貼って毎日、レポートにまとめている。さまざまな資格取得の勉強をさせられて、本当にかわいそうに思う。日本の大企業には、頭の固い人が多く未だに軍隊のような会社が実に多いように思う。もう少し時代の変化に対応して柔軟性を持てばいいと思うのだが。良くも悪くも娘は日本有数に過酷な会社に入ってしまったことは間違いない。悪戦苦闘しながらコツコツと壁を乗り越えていけば徐々に未来が開けるはずである。同期入社で耐えられなくて、やめる人も多いみたいであるが娘には3年間は何とか頑張ってほしいと願っている。しかし駄目なら無理をしないで転職することもありである。娘は、社会人として日々成長していることは確かである。

18歳の息子はアメリカの大学に留学中。勉強が忙しくて、せっかくアメリカにいるということでゴルフバックを買ったものの、ゴルフをする暇も余裕も全くないらしい。息子の様子は基本全くわからないが、娘同様に悪戦苦闘しつつ、日々成長しているはずである。

子供たちが成長して、自分の足でそれぞれの人生をしっかりと歩き始めている。私自身も経営者としてファイナンシャルアドバイザーとして、まだまだ成長できると考えているし、一生頑張るつもりであるが、息子の留学費用を払い終えれば、親としての大きな役目が終わると考えている。年をとるのは嫌だけど4年後をとても楽しみにしている。

話は変わるが子供たちが遊んでくれないので大学時代の友人に声をかけて、5人で山口市の湯田温泉に集まった。関東から3人、大阪から1人、福岡から1人であった。私自身は卒業以来27年ぶりの訪問であった。私の大学時代の記憶は曖昧であるが、山口の街並みを歩きながら友人らの話を聞くうちに様々な記憶が蘇ってきた。正直なところ昔は、山口は田舎で遊ぶところがなく退屈な街だと思っていたのだが、久しぶりに訪れた街の景色や空気、お世話になった方や友人らとの再会そして瓦そばなど郷土料理と日本酒(特に東洋美人は美味しかった)も最高で27年ぶりの山口は素晴らしい街だった。若い頃はなぜその魅力に気付かなかったのだろう。街が変わったこともあると思うが、おそらく自分が未熟だったからだろう。

それにしても9月14日土曜日17時半、山口市の湯田温泉にある居酒屋だんだん茶屋での飲み会は、間違いなく私の人生で一番楽しい飲み会だった。

翌日、5人でレンタカーを借りて下関の唐戸市場(おそらく西日本最大の魚市場だろう。)でお寿司やフグの刺身を食べた。それから関門海峡を渡って福岡で待つ友人3人と合流するために博多に向かった。当然、博多の夜も盛り上がり、深夜に長浜ラーメンを食べて激動の3日間の同窓会は終わった。同級生たちがそれぞれの街でそれぞれの立場で頑張っていることにいい刺激を受けた贅沢な3日間であった。

2年後の2021年秋にだんだん茶屋での再会を約束して、それぞれの日常に戻っていった。



2019/09/07

お客さまと会食

昨晩、お世話になっているご夫妻(お客様)と当社がお世話になっているレストラン、ラー・エ・ミクニにて会食させていただいた。いつもながら料理もワインも美味しくて楽しいひと時であった。

お二人は、私と同世代で創業間もない時期から10年以上にわたって家族の大切な資産運用を任せていただき、以来とてもいいおつきあいをさせていただいている。

ご主人がつい最近、米大手IT企業を退職して、今アメリカで注目されているユニコーン企業の日本法人代表に就任した。非常に能力が高く、努力家で人間性も素晴らしい彼が経営する会社は、これから日本において急速に存在感が高まることは間違いない。どんな成功をするのか注目したい。

当社のお客様は各業界で活躍されている方が多いが、彼の実力は突出しており、将来どこまでいくのか実に楽しみである。彼の新たなチャレンジに私自身もワクワクしているし、自分ももっと頑張ろうと大いに刺激を受けている。

お客さまの資産運用をサポートし、いい関係を長期で続けることなくして、当社のビジネスの未来はない。引き続き、お客様の資産運用・管理について全力でサポートしていきたい。

2019/08/07

日本を元気にできるか?

全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手が帰国して次の目標について聞かれ、『来年の東京オリンピックで金メダルを取って日本を元気にしたい!まだ出れるかわかりませんが』と笑顔でコメントした。

プロゴルファーという自分の仕事で日本を元気にしたいという若者、本当にすごいとしかいいようがない。自分の20歳の時を考えると・・・。

娘や息子と同世代の20歳の若者の力強く明るい言葉に日本の未来に大いなる希望を感じた。

日本の若者は本当に凄いのだ。

レアルマドリードの久保、メジャーリーグの大谷翔平、NBAの八村塁らの活躍は、世界を驚かせると同時に間違いなく日本を元気にしており、スポーツ界の未来は実に明るいと感じている。もちろんスポーツ界だけではなく将棋の藤井君も凄いのだが。

ではビジネスの世界はどうだろう?スポーツ界で若者の活躍が目立っているがビジネス界ではまだまだ若者がいきいきと活躍しているとは言い難いのが現状である。むしろ才能のある若者らを無能なおじさん達がつぶしているような気もしないでもない。

マーク・ザッカーバーグが大学時代にFacebookを立ち上げたように、ビジネスにおいてもそもそも年齢は関係ない。スポーツ同様にITやAIの時代には、若者のほうが優れている可能性は高い。今後、ビジネス界にも渋野選手のように世界を驚かせる日本人が出てくるはずである。日本を元気にする若者がどんどん増えてくれば、日本の未来はより明るいものになるだろう。孫さんや柳井さんが一番目立っているようでは、まだまだダメなんだと思う。

さて私自身のフィールドであるマーケットであるが8月に入ってかなり不安定な動きが継続しており、株式市場の下落に驚いている人も多いと思う。しかし適切なポートフォリオを維持している人は慌てる必要はない。このような局面ではじっくりと静観することが大切でじっと耐えることが将来のリターンを生み出すのである。

私自身も微力ながら、ファイナンシャルアドバイザーとしてお客様の資産運用・管理に貢献し、お客様を元気にすることで、少しでも日本を元気にしたいものだ。

最後にここ数年やや調子を落としている松山英樹プロにも来シーズンこそPGAで優勝そしてメジャー初制覇で世界を驚かせ、日本を元気にしてほしい。

2019/07/30

あたりまえのことをやる

ファイナンシャルアドバイザーとしてお客様の資産運用・管理をサポートしているが、日本においてもますます経済格差が拡大していることを実感している。
相続や贈与以外で自力で億単位の金融資産をつくった人の多くは、資産運用でお金を増やした人である。収入が高くても、税金で手取は半分になるため、預金だけで1億貯めるのはなかなか難しい。(たまにいますが。)

お金を貯める方法は、以下の公式から明らかである。

資産形成=(収入ー支出)+(資産×運用利回り)

①収入を増やす ②支出をコントロールする ③資産運用で増やす のいずれかである。

まず①収入を増やす ためには、人的資産を高める必要がある。人的資産とは稼ぐ力と言い換えても良いだろう。これまで勉強した知識や経験をベースに労働した対価として報酬を受け取るイメージである。

そして②支出をコントロールする であるが、これには限界がある。支出を削りすぎると生活に支障をきたしてしまう。メリハリをつけて身の丈に合った賢い支出をすることが望ましい。人的資産を高めるような支出は、賢い支出である。収入が高くても身の丈に合った支出が出来ていない人は、実に多く賢い支出をすることが資産形成の大きなカギである。

③資産運用で増やす であるが、残念ながらまだまだ資産運用でお金を増やしている人は日本では少数派である。当社も創業から13年が経ち資産運用を10年以上サポートさせていただいているお客様も増えてきた。10年前にご提案した株式型投信の基準価格は、倍以上に成長している。資本主義社会は、さまざまな課題を抱えながらも、現時点ではこの仕組みにとって代わるものはない。よって資本主義社会において世界経済が成長する限り、広義の株式市場は、上昇していく。とるべきリスクをしっかりとって、お金を働かせるべきである。

資産形成で成功している人(お金持ち)が必ずしも金融知識を持っているというわけではない。当たり前のことをたんたんと実行している人が資産運用においても成功している。

当たり前のことが出来ていない人が多い世の中であるがゆえに、当たり前のことが出来る人の価値がより高まっている気がする。

収入より多くの支出をしなければお金は、あまる。あまったお金をまっとうなやり方で金融市場で運用すればいいだけなのだが、この当たり前のことが、未だに実践されていないことは残念であると同時に実に不思議である。

当社のお客さまには老後に2000万円ではなく、長期投資で1億円超を目指していただきたい。

2019/07/10

ポートフォリオから外せない中国企業

本日の日経新聞朝刊に中国ITが内陸にシフトしているという記事があった。ひと昔前であれば中国内陸と言えば、上海や深圳のような沿岸部と比較すると貧しい農村のイメージが強かったが、この10年で中国の景色は一変した。

米中貿易摩擦で減速感のある中国経済であるが、金融自由化の波とハイテク企業の台頭が追い風となり、短期ではデコボコしながらも中長期では安定的な成長を続けていく見込みである。

このような環境下、個人投資家は、歴史的に金利の低い債券よりも高い配当が得られる株式投資を中心にポートフォリオを構築するべき。債券投資は、長期的にはインフレ調整後のリターンで株式のリターンに大きく劣後する可能性が高い。また世界における中国企業の存在感が高まっており、株式ポートフォリオから中国企業を外せなくなってきたのが現状である。国や地域で銘柄を選ぶのではなく、国や地域に関係なく価値(利益)を生み出す企業の選別が重要であるが、テンセントやアリババは世界を代表する企業に成長した。

世界の中心軸は米欧からアジアにシフトしており、80年代の日本の台頭が日米貿易摩擦を生んだように2010年代の中国の台頭が米中貿易摩擦を生んでいる。日本はバブル崩壊で失速して現在に至るが、中国はどうなるのか?注目である。

世界の運用会社は、中国語が堪能で現地に人脈を持つアナリストの育成が急務である。
指数に連動するインデックスファンドよりも企業を訪問して丹念に銘柄を選別する質の高いアクティブファンドがより重要になると思う。

今後も米中の激しい覇権争いから目が離せないが、真に価値ある企業の株価は今後も上がっていくことは間違いない。

2019/06/04

時間を味方につける

投資タイミングを気にする多くの人に、是非見てほしい動画。

キャピタル・グループ  ウェブサイトから Time ,not timing


2019/05/30

長期投資では、株価下落を悲観する必要はない

令和時代がスタートして日本も含め世界株式市場は、冴えない状況が続いている。これまで堅調であった米景気にも陰りが見られ、利上げの雰囲気は消え、米長期金利も低下し、為替もやや円高で推移している。米中貿易摩擦に加え、メイ首相辞任に伴うイギリスの   『合意なき離脱』リスクも高まってきた。短期的に見れば、どう考えても株式市場に明るい材料はあまり見当たらない。

しかしながら悲観してみたところで、何の解決策にもならない。長期投資においては現在のような株価下落を悲観する必要はなく、たんたんと自分のやるべきことに集中するべきである。

世界一のアクティブ運用会社、キャピタルグループのレポート『長期投資の着眼点』にもあるが長期的な視点に立てば、株式市場は上昇時期は、下落する時期よりも長く、長期的には投資家に果実(リターン)をもたらしている。下落局面を悲観することなく、むしろ追加投資のチャンスと捉えるべきである。

人生においても良い時と悪い時があるが、投資においても同様である。正しい方法で長く継続投資すれば時間とともに、いい方向に向かっていく。この本質をしっかりと頭に入れて感情を一定に保つことが大切である。

人生で一番楽しかった飲み会

国際社会では、あまりにも、いろいろなことが起こりすぎている。どう考えても混乱の時代であり先行きは不透明である。しかし、どんな時代であれ、どんな世界であれ、自分が信じる道をしっかりと歩んでいきたいものだ。 さて近年、日本では働き方改革が声高に叫ばれている。仕事だけではなく人生を...