2019/01/16

ファイナンシャルアドバイザーとして

先週、『ボヘミアン・ラブソディ』を見たら、クイーンが聞きたくなってグーグルホームを購入した。テクノロジーの進化に驚く毎日であるがファイナンシャルアドバイザーとして最近、感じていることを書いてみたい。

2007年にファイナンシャルアドバイザーとして独立して以来、今日までお客様の資産運用をサポートしてきた。この12年は、長期投資という観点から見ても決して平坦な道ではなかった。

特に100年に一度の金融危機2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災、そして欧州債務危機に市場は翻弄された。考えてみれば実に厳しい12年だった。そんな時代をともに乗り越えてきた全てのお客様に対して、感謝の気持でいっぱいである。

2019年1月現在の世界経済も決して安泰とは言えない状況である。米中貿易摩擦に代表される米中の覇権争いは、激しさを増している。しかしながら5年後10年後もデコボコはありながらも世界経済は成長を続ける。今後も世界経済が成長するという大きな趨勢に変化はなくマーケットは成長を続けるのである。

さて私自身ファイナンシャルアドバイザーという仕事のおかげでお客様とアドバイザーという関係以上の素晴らしい方々にお会いできたことは、私の人生において大きな財産となっている。もちろんお客様の大切なご資産をお預かりする仕事は簡単な仕事ではないが、年齢、性別、職業、国籍に関係なく素晴らしい皆様にお会いできることは、とても幸せなことである。

基本的に私には定年も転勤もない。健康でいられる限り、あるいはお客様から担当変更の申し出がない限り、一生涯にわたってお客様を担当させていただくつもりである。

若い時は、ビジネスで成功して大金を手にして、仕事はやめて世界を旅しようなどと思っていたが今は違う。お客様の資産を守ることが私のミッションであり、責任である。人生をかけてこの仕事を続けていきたいと考えている。

お客様とマーケットとしっかり向き合いつつも、自分自身も人生を楽しみたい。公私を区別するのではなく必要な時に働き、遊ぶときは遊び、休みが必要な時にはしっかり休むように自分自身をマネジメントしていきたいものだ。

そのためには、一にも二にも健康が大切である。私自身、30代半ばに大病をして生死をさまよった嬉しくない経験がある。間違いなく人生最大のピンチであったがそこを乗り越えたおかげで今の自分があると考えている。ファイナンシャルアドバイザーとしてお客様を長く担当するためには自分自身が健康でなければならない。もちろんゴルフをするにも釣りをするにも旅をするにもお酒を飲むにも健康でなければ楽しくないのだ。

超一流のスポーツ選手が自己管理を徹底しているように、アドバイザーとして自己管理は欠かせない。

最近は若いお客さんも増えて『中浜さんが死んだらどうするんですか?』と聞かれることも多くなった。当たり前であるが、お客様をサポートするために若いアドバイザーの育成も必要である。個人として頑張るだけではなく、サービスを次世代にバトンタッチしていかなければならない。まだまだやるべきことがたくさんあるのだが、優先順位を間違わないようにコツコツと一歩一歩進むしかないと思う。

さて長期投資を成功させるということは、そんなに簡単なことではない。マーケットは右肩上がりではないし、少なくとも短期的な動きはランダムで思うようには動かない。時間が必要だし、じっと我慢する忍耐力が必要である。もし簡単だったら誰でも成功できるわけで、簡単ではないからこそ、成功した時のリターンが大きくなるのだ。何事においても成功するためにはリスクをとることが欠かせない。リスクをとらない人にリターンはないのだ。長期投資においてとるべきリスクをとる人を一人でも多く増やしていくことが、現時点で私の考える最善の投資教育である。

お客様とともに

2019年、令和元年もあと一カ月。昨年12月はマーケットが急落したものの、今年は今のところ堅調で当社のお客様の資産も順調に増えている。もちろん、これから先マーケットはいつも安泰であるはずはなく、厳しい局面もあるだろう。気を引き締めて、いかなければならない。 当社のお客様はお仕...