2019/01/31

バリューマネジメントとは?

お客さまの資産運用をサポートして13年目に突入した。

最も長くサポートさせていただいているAさんで13年、最も短い人は昨日、運用を開始したBさんでまだ1日である。
13年運用したAさんと運用を開始したばかりのBさんでもちろん投資経験の違いがあるものの、長期投資に関する考え方は全く同じで、運用金額、運用利回り、運用年数の3つで将来価値が決まるということである。

長期投資において重要なことは目標利回りに沿った資産配分と銘柄選択(投資信託)である。投資タイミングは、資産配分と銘柄選択ほど重要ではなく、長期で運用することで複利効果を最大限享受することが大切である。また運用途中で税金を繰り延べるために投資信託を活用することも長期的にはリターンの差別化につながる。

資本主義社会が続く以上、広義のマーケットは値上がりしていく。倒産した企業は、マーケットから退場し、元気な企業がマーケットに参入してくるからだ。特に長期投資においては、個別銘柄に対する投資よりも投資信託を活用するほうがよい。どんな優良企業でも栄枯盛衰があり、企業の命よりも個人の命のほうが長くなっているからだ。あのGEでさえNYダウ工業株30種の基準を満たすことが出来なくなって採用銘柄から除外されたことは記憶に新しい。

どんな優良企業でも個別銘柄に対する集中投資はリスクが大きい。これまで大丈夫だったからと言ってこれからも大丈夫だとは限らないのだ。東京電力や東芝をみるとわかりやすい。長期分散投資によって、マーケットの変動リスクを軽減することで投資をより長く継続することが出来るのだ。

さて前置きが長くなったが最近、新しいお客さまも増えてきたので当社の社名バリューマネジメントの由来について書いてみたい。

人間は誰でも『人的資産(ヒューマンバリュー)』と『金融資産(ファイナンシャルバリュー)』という二つの資産(バリュー)を持っている。

『資産』の定義は、『お金を生み出すもの』であるが、人的資産は、稼ぐ自分自身であり、金融資産は、預金、債券、株式、投資信託などである。

若い時は、金融資産は少ないけれど人的資産は高く(長く稼げる)、年を取ると人的資産は低下(稼げる時間が短くなる)するため金融資産でカバーするといった具合である。
人的資産の低下を金融資産でカバーするために、資産運用が重要なカギを握っている。
預金は名目では減らないという安心感はあるものの、人生が長くなった今、あまり長く放置していると実質的な価値が下がるのである。

お客様の大切な二つのバリューをマネジメントするお手伝いをすることが当社の仕事である。それにしても最近、お客様に中浜さんが死んだら担当はどうなるのか?とよく聞かれる。若い人ではなく年上の方からも聞かれる。大きな金額を運用するので当たり前といえば当たり前であるが、まだまだそんなに簡単に死にませんよ。

健康を考える

大企業に勤務する皆さんは、健康保険組合が非常に充実しているため、毎年定期的に健康診断を実施していると思うが個人事業主や専業主婦の方、零細企業の経営者やその家族は、健康診断をしていないケースもあるようだ。車検を受けていない車のように危険である事は言うまでもない。健康診断が好きな人は...