2019/10/08

健康を考える

大企業に勤務する皆さんは、健康保険組合が非常に充実しているため、毎年定期的に健康診断を実施していると思うが個人事業主や専業主婦の方、零細企業の経営者やその家族は、健康診断をしていないケースもあるようだ。車検を受けていない車のように危険である事は言うまでもない。健康診断が好きな人は、なかなかいないと思うのだが、医療技術の向上で癌なども早期発見すれば完治するケースが多く、老若男女問わず健康診断は大変重要である。

当社はファイナンシャルアドバイスの会社であるが、当然、お金よりも健康のほうが大切だと考えている。心身ともに健康であることが最優先であり、健康は、お金で買うことはできない。

当社も定期的に人間ドックを受診しているのだが、私自身の健康状態は、意外にもほとんど問題ないものの、若い頃と比べるといくつかの数値がやや悪化しており、その都度、看護師さんや栄養士さんから指導を受け、反省し、生活習慣を改善させるべく努力をしているところだ。

昨日も健康診断結果を片手に『やっぱり暴飲暴食って良くないんだね。』というと妻に『今頃気づいたの?』とあきれられたが、日本という国は美味しい食べ物やお酒がありすぎるため、健康意識をしっかり持っていなければ実に危険な国である。

うちの息子は小さいころから高校1年生までお菓子を良く食べていたが高校2年の時にカナダに留学して以来、全く間食をしなくなった。夏休みに一時帰国してもお菓子は食べなくなった。アメリカでも全く間食しないため、高校時代の体形そのままである。

中浜的には、息子が間食をやめた理由は、海外は日本ほどお菓子などが美味しくないためだと考えている。息子は、食べることにさほど生きがいを感じているわけではなく、別のことに生きがいを持っているのだろう。

最近の私は知らず知らずのうちに美味しいものや美味しいお酒を飲むことに一番の生きがいを感じ、全国の居酒屋を巡っていたのだが、それが一番の生きがいでは駄目駄目だと思う。

理想的にはラグビー日本代表にとってのワールドカップのように、もっと熱くなれる何かを一番の生きがいにしたいものだ。そのあたりをもう一度じっくり考えてみたい。そして今更ではあるが『健康』についてもっと学び、自分自身が健康管理をしっかりして、人生を楽しんでいきたい。

*親友が送ってくれた銘酒 東洋美人壱番纏(いちばんまとい) もったいなくてまだ飲んでない。


ゴーイングコンサーン

先日、3連休を利用して鹿児島を観光した。たまたま、滞在中、鹿児島のメインイベントおはら祭りとアーケードで焼酎を試飲する焼酎ストリートというイベントが開催されており、街が賑わっていた。 焼酎と黒豚と枕崎の鰹そしてさつま揚げが美味であった。霧島、世界遺産の仙厳園や桜島、知覧特攻平...